認定NPO法人花の森こども園のこと・賛助会員募集

花の森こども園は自然に恵まれた秩父の里山、美しい花々と緑豊かな自然にあふれる「ムクゲ自然公園」の一角にあり、2008年4月に開園し、2010年度より特定非営利活動法人の認証を受け、森のようちえん、自然学校、居場所かなりやなどの事業を展開し、より地域に貢献する幅広い活動を展開しています。2017年2月、花の森こども園は認定NPO法人となりました。

★花の森のこどもたち・森のようちえん
花の森こども園は厚労省や文科省のいわゆる保育園、幼稚園の認可をとらない全日制の森のようちえんです。
いろんな命との共生
自然の中で自ら伸びるこども
諸感と意感を磨く
 この3つの理念を柱として、自然の一部の人間として、地球規模の平和共生を深部に宿して、自己実現をはかることのできる人間形成をめざして、独自の教育で幼児の生活を実践しています。

★協働運営ということ
花の森こども園は、経営者をもたず、認可をとらないため、国や行政からの補助金をいっさい受けておりません。  花の森の教育理念に共感し、こどもの育ちの環境を保障していこうとする、保育者、親、地域の人々により協働運営されています。
また公益部は、循環型ようちえんの運営と、花の森こども園の支援事業として展開しております。

★花の森こども園のフィールド
花の森こども園のフィールドであるムクゲ自然公園をお借りできたことが、わたくしどもの教育理念の実現におおきな役割をはたしています。

★地域とつながる花の森こども園
大人もこどももダンゴ虫から地球を見据える心根を
「こどもは大人の鏡であり、社会を映す鏡」です。
そこで花の森では、自然の生業に学びながら、生涯育ちあう事業を行っています。
森のようちえん、自然学校、居場所「かなりや」(社会復帰のために要支援者の受け入れ)、文化芸術企画等。

★花の森わくわく秋まつり
11月には花の森こども園親の会主導の花の森わくわく秋まつりを行います。 保護者、保育者、その他多くの方たちと協力し、森の自然体験やワークショップ、手作り品や手作り食品の販売、軽食コーナーがあります。

npo5

★これらの活動を応援してくださる会員を募集しています★

賛助会員 個人:3000円(一口)、法人5000円(一口)、特別会員10000円(一口)

会員になってくださった方には、花の森通信(春夏・秋冬、年2回)をお届けします。